健康

【ダイエット】プチ断食とプチ糖質制限で体重−11kgは簡単。ただしプロテインは必須でした。

ダイエット

新型コロナで在宅勤務が増え、レジャーの外出が減り、蓄えに蓄えた脂肪。74kgだった体重が79kgになりました。
コレではダメだと、減量に挑戦。
2020年5月30日から始めたプチ断食&プチ糖質制限ですが、努力した甲斐もあって、同年10月時点で体重は約−11kgを達成しました。
体重としては79kg⇨68kgになりました。

画像転載禁止

その後もプチ断食も継続していて、体重としては70kg±1kgで継続推移しています。(2021年2/22現在)

しかし、今となってはファスティングと糖質制限を意識せずにダイエット前のように食事していても満腹になるのが早いです。
胃腸の適切な大きさになったのか?

そして、ちょっと外食が多くなったり、糖質を意識せず食べ過ぎたりすると体重の上ブレが大きいので、やっぱ良くない食生活していたんだなと実感しますね。

タンパク質、糖質、脂質

僕の減量方法は主にファスティングと糖質制限ですが、厳格な断食でもないですし、糖質制限もGI値が低めなモノは食べてました。純粋な砂糖は極力摂取しないようにしていました。
一方で嫌われ者の脂質は積極的に取りました。
書籍で良質な脂質は身体に良いとあったので、アーモンド、くるみ、カシューナッツを軸にナッツ系をおやつ代わり食べてましたね。
カロリーについてはあまり考えないようにしてました。

という感じで減量開始しました。
慣れない摂取制限なので体調管理のためにはサプリメントを導入しました。それはプロテインドリンクです。

プロテインはタンパク質ですね。
タンパク質は皮膚、髪の毛など全ての細胞に利用されるとされている体を構成する重要な要素です。
3大要素はタンパク質、糖質、脂質です。
タンパク質の最小構成物質はアミノ酸で、タンパク質を分解するとアミノ酸になるという解釈ですね。

普段はプロテインドリンク
スポーツ時はアミノ酸ドリンク

という具合に使い分けていました。

画像転載禁止

僕の場合、プロテインはiHerbで購入することが多いです。

上の画像は日常で飲む”プロテイン”と運動時に飲む”アミノ酸”がiHerbから届いた画像です。

画像転載禁止


・GOLD STANDARD WHEY PROTEIN
・INTRA BLAST

このプロテインとアミノ酸を選んだ理由はネットで紹介されてたからですが、実際利用してみて気に入る点もありました。
それは大きな黒のハード容器です。
パウチ式は閉める時に粉が舞いますが、ハード容器は粉が舞いません。
管理しやすいです。

画像転載禁止

僕がこれまで試した味

  • ダブルリッチチョコレート
  • デリシャスストロベリー
  • ストロベリーバナナ

上の3つで一番好きなのはデリシャスストロベリーかな。

今のプロテインが飲み終わったら次は下記のプロテインを試す予定です。
こちらもネットで高評価レビューだったので次回試してみます。

ファインラボ ホエイプロテイン ピュアアイソレート ストロベリー風味(2kg)【ファインラボ】

ハード容器でないのが残念ですが、美味しいと言われたら試したくなりますよね。笑

プロテインの効果

プロテインを飲むタイミングですが、僕の場合はミックスナッツと同様におやつ(間食)のお供に小腹が空いた時に利用していました。
口寂しさを紛らわすためプロテインを摂取する感じですね。

なので、僕が思うプロテインの一番の効能は”おやつに手を出さず済む”ということでしょうか。笑

プロテインを飲むことで得られる体感的効果ですが、webを検索すると色々出てきますが、僕はあまり感じませんでした。
個人差なのか僕は当てはまらず、残念です。

プチ断食と糖質制限で減量できるの人

プチ断食と糖質制限で減量できるの人はBMIが25付近の人が良いです。
BMI25っていうと肥満との境目みたいです。
要はそれなりに身体に溜め込んでいる人って感じですね。

そう、それは僕のことです。。

画像転載禁止

糖質摂取でなぜ太るのか?

ネットで調べてみたところ、糖質はグリコーゲンとして貯蔵されるらしい。
1のグリコーゲンに対して、3〜4の水分と結合して貯蔵されるらしい。
甘いものをたくさん食べると水分と結合したグリコーゲンを貯めることになるので、デブるわけですね。

簡単に表現すると1gのグリコーゲンは3g〜4gのグリコーゲンと結合するので、糖質1gは体重3g〜4gに相当すると考えていい??
ってことかと思います。

なので、糖質制限で口から摂取する糖を制限すると、体内の糖が消費され、単純計算で3倍〜4倍の速さで減量できるということのようですね。

まとめ

ファステイングや糖質制限をしていると筋肉まで落ちてしまうので、その辺りの対策としてプロテインやアミノ酸を飲むと良いとのこと。
糖質制限をしている人からしたら糖質は”敵”みたいな認識がありますが、実際はそうではなく、タンパク質、糖質、脂質は必須ですので、過剰な糖質制限はしないほうがいいです。
また、糖質にも単糖類、多糖類など糖によって変わりますし、炭水化物=糖質というのも少し偏った考えのようです。
断食、糖質制限するならちゃんと調べて実施してくださいね。

Audibleって知ってますか?
本を読むと目と手が取られてしまう。しかしAudibleだと耳だけ。ながら作業もできちゃう。通勤、通学にとっても便利なAudibleを一度試してほしい。
Amazon Prime Video 使っていますか?
いくつかある定額制見放題動画配信サービスの中でも、コストパフォーマンスが最も良いとされている「Amazonプライム・ビデオ」です。僕はこのサービスがある事でアマゾンを利用していると言っても過言ではありません。ぜひ一度お試しください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です