日記・グルメ

【パルダリウム】ADAのテラベースで自動汲上げ機能を考えてみた。

テラベース

みなさん、パルダリウムリウムってご存知でしょうか?
テラリウムや苔テラリウムなど最近では色々な鑑賞形態がありますよね。

僕はパルダリウムを少し嗜んでいます。
そんなパルダリウムでADAのテラベースという商品があります。
テラベースという商品は釉薬を塗っていない焼き物でのようなモノで水を適度に含み、水を通します。
そんな特性を利用してコケやシダ、熱帯植物を定着させるのがテラベースです。
このテラベースを利用してちょっとカスタマイズしてみました。

テラベースの外観

釉薬を塗っていない焼き物ですね。

画像転載禁止

テラベースの加工位置確認

汲み上げるポンプの位置を決めます。

画像転載禁止

焼き物の穴あけドリル

人生初の穴あけドリル。

画像転載禁止

穴あけ

エッジを効かせて少しづつドリルを立てる。

画像転載禁止

拡大したらよくわかるかな?

画像転載禁止

徐々に穴を深くしてきます。

画像転載禁止

穴あけ完了!

画像転載禁止

穴あけ時につけ抜ける力が多いとこのように少し欠けます。

画像転載禁止

ま、許容範囲かな。

画像転載禁止

ポンプを隠すためカサ上げする。

ポンプの隠すための石でカサ上げします。

画像転載禁止

石の固定

接合はアクアリウム用の接着剤で。

画像転載禁止

ポンプを隠す壁面

接着剤で石を固定してポンプを隠す壁面を作りました。

画像転載禁止

まとめ

今日はここまで。
とりあえず、ポンプを隠す壁面づくりでした。

Audibleって知ってますか?
本を読むと目と手が取られてしまう。しかしAudibleだと耳だけ。ながら作業もできちゃう。通勤、通学にとっても便利なAudibleを一度試してほしい。
Amazon Prime Video 使っていますか?
いくつかある定額制見放題動画配信サービスの中でも、コストパフォーマンスが最も良いとされている「Amazonプライム・ビデオ」です。僕はこのサービスがある事でアマゾンを利用していると言っても過言ではありません。ぜひ一度お試しください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です