日記

我が家の体重計が不調なので新調することにした。選んだのはスマホと連動できるタニタRD913です。

体重計

毎日体重を測っている体重計が調子わるい。
なんだか誤差が大きくなってきた感じです。
大体毎日体重測っていますが、1回目の体重と2回目の体重に最大約1kg程度の誤差が出ます。
なので、いつも体重測るときに5回測り直して中央値を付近を記録するようにしていました。
まぁ〜今使っている体重計は購入から10年は経過しているのそろそろ寿命なのかもしれません。

ということで、体重の測定誤差が大きくちゃんと計れない状態にあると判断し、買い換えることにしました。

新しい体重計に求めること

新しい体重計を買うんだから色々要望を満たしている機種が

  • 手軽に記録できること。
  • 誤差が少ないこと。
  • 便利機能があり、毎日体重計に乗るのが楽しめること。


調べてみたら高機能な体重計はたくさんありました。
とりあえず、怪しげなメーカーの体重計は選考対象から除外しました。
すると下記のメーカーが残りました。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パナソニック EW-FA24-W 体組成バランス計 ホワイト
価格:6600円(税込、送料別) (2020/8/28時点)


体重計の価格

予算ですが、毎日使うので簡単で便利機能があって、毎日続けれらるようなモチベーションがUpするようなモノを選びたいと思います。
ということで、ちょっと豪華に2万円程度までとしました。
贅沢仕様を選ぼうと思います。

体重計購入

僕が選んだのはタニタのRD-913です。
早速届いた商品を開封したいと思います。

画像転載禁止

しっかり梱包されています。

画像転載禁止

外箱現る!

画像転載禁止
画像転載禁止

製品見たらかなりスタイリッシュなでした。

画像転載禁止

タニタ製RD-913を早速使ってみた。

タニタのHPに行って、専用のアプリをスマホにダウンロードして、
Apple store
必要事項記載して登録したら、本体(体重計側)とBluetoothで接続するだけ。
すぐに使えるようになります。

ちなみに、本体(体重計側)の設定は説明書読まないとわかりにくい。
なんせ、説明書きすらないタッチセンサー式のボタンが4つで全ての設定をする必要があるので取説必須です。

実際に測って、スマホに転送された情報はこちら

最後に

なぜ毎日体重計に乗っていたかというと、2020/2/28からの自粛生活で過去最高の脂肪備蓄量となりました。
これまでもやや肥満だったものが、肥満になり、5月の段階ではズボンがキツイなどの不便が発生。
これを機にダイエットすることになりました。

ダイエット方法はプチ断食(ファスティング)+ ゆるい糖質制限のダイエットの応用です。

2020/5/30からダイエット始めたので、その記録をまとめています。
実際の記録は↓のリンクからどうぞ。

健康日和 ダイエットの記録

Audibleって知ってますか?
本を読むと目と手が取られてしまう。しかしAudibleだと耳だけ。ながら作業もできちゃう。通勤、通学にとっても便利なAudibleを一度試してほしい。
Amazon Prime Video 使っていますか?
いくつかある定額制見放題動画配信サービスの中でも、コストパフォーマンスが最も良いとされている「Amazonプライム・ビデオ」です。僕はこのサービスがある事でアマゾンを利用していると言っても過言ではありません。ぜひ一度お試しください。