魅力的なモノ

【ポータブル電源】Ecoflowを選んだ理由はこちら。JackeryとANKERとEcoFlowとBluettiを調べてみたらやっぱり落ち込んだ。

Ecoflow

Ecoflowってご存知ですか?
ポータブル電源で有名な会社です。
しかし、ポータブル電源とドローン市場は中国企業に席巻されてますね。
本当に悲しい限りです。
電気自動車も中華系に

当面このような中華メーカーが席巻する状況は変わらないと思います。
我々ユーザーは中華メーカー製でも良い商品を選び、言葉で書かれた安心安全保障などに惑わされない、構造的に安心安全な商品を購入したいですよね。

ということで、有名なポータブル電源メーカーを簡単に調べてみました。

まずは先日僕も購入したEcoflow社からです。
Ecoflowは中華系企業ですね。
ドローンで有名なdjiのエンジニアが立ち上げたようです。

画像転載禁止:https://www.nikkan.co.jp/releases/view/105437

■EcoFlow Technology創業メンバー

電源開発事業部トップや化学材料メーカー経営者を含む元DJI社員3名と、元米経済開発センター投資マネージャー1名のたった4人で「クリーンな電力」へ「誰でも簡単にアクセス出来る社会」の実現を使命として設立。2018年世界的経済誌「Forbes」の「有望な新興企業エネルギー部門30の30歳以下部門」に選ばれました。(左から:Frank Zheng-COO、Eli Harris-CEO、 Hannah Sieber-CMO、Bruce Wang-CTO)

https://www.nikkan.co.jp/releases/view/105437

JackeryとANKERとBluetti

Jackery

Jackery(ジャクリ)
米国企業になるんでしょうか?
会社案内からすると米カリフォルニア州フリーモントに本社を置くポータブル電源メーカー。
工場は深圳で、日本法人もあるようですね。
ですが、中華圏の人がアメリカで起業しただけですね。

画像転載禁止:SUNZHONGWEIって誰だ?:https://www.jackery.jp/pages/jackery_tuned_by_jvc

ANKER

元Googleエンジニアが設立した企業ですね。
僕もANKER製品はいくつか持っています。
一番重宝モバイルバッテリーですね。
中国企業です。

Anker (アンカー) は、中華人民共和国深圳市に本社を置く、モバイルバッテリー等のスマートフォン・タブレット関連製品の開発・販売を行うハードウェア・ブランド。 Googleでエンジニアとして働いていたスティーブン・ヤンを中心に、Google出身の数名の若者達によって2011年に設立され、[1]姉妹ブランドにオーディオブランド「Soundcore (サウンドコア) 」、スマートホームブランド「Eufy (ユーフィー) 」、スマートプロジェクターブランド「Nebula (ネビュラ) 」がある。創業10期目の2020年8月に、グループ本社のAnker Innovationsが深圳証券取引所の新興企業向け市場「ChiNext」にて上場を果たした[2]。

WIKI

Bluetti

中華系企業ですね。
Googleで調べてもちょっと簡単には出てこなかった。
Yin Xiangzhu, CEO, Shenzhen Poweroak Newener Co., Ltd

画像転載禁止:

Delta Pro

Ecoflowは中華メーカーです。
でも、僕が購入したのはEcoflow社のDelta Pro


まとめ

色んな災害が降り注ぐ日本ですが、世界と比較するとまだまだ安全な国です。
でもいつ来るかわからない天災には備えておきたいですよね。
備えの代表は水、食料、電気ではないでしょうか?
1日ぐらいなら食料、水も電気もなくても耐えれるかもですが、2日、3日は辛いですよね。
真夏、真冬は1日でもやばいかも。

そんな不安も大容量のポータブル電源があれば安心ではないでしょうか?
日本において、2022年は比較的大きな出来事も少ない年と言えると思います。
しかし、2023年は考えられないほど変化がある年とも言われています。
2024年は破滅、2025年は再生の年と言われています。

2022年と2023年は備える年になりそうです。

Audibleって知ってますか?
本を読むと目と手が取られてしまう。しかしAudibleだと耳だけ。ながら作業もできちゃう。通勤、通学にとっても便利なAudibleを一度試してほしい。
Amazon Prime Video 使っていますか?
いくつかある定額制見放題動画配信サービスの中でも、コストパフォーマンスが最も良いとされている「Amazonプライム・ビデオ」です。僕はこのサービスがある事でアマゾンを利用していると言っても過言ではありません。ぜひ一度お試しください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。