書籍

朝日新聞の偏向報道が酷い。

新聞は必要か?オールドメディア最低だー

何も知らいないうちはテレビや新聞の報道が正だと思っていた。
しかし、どうやら違うようだ。

虐日偽善に狂う朝日新聞―偏見と差別の朝日的思考と精神構造

虐日偽善に狂う朝日新聞―偏見と差別の朝日的思考と精神構造

この本を読むと本当にオールドメディアが腐っていることが分ると思います。
おすすめです。
アマゾンでは高価な価格が設定されています。楽天bookや街の古本屋さんなどアマゾン以外で購入することをお勧めします。

マスメディアは腐っているらしい。その2  オールドメディアの終焉調べててびっくりしたが、本来新聞には政治的公平性はないらしいのです。すなわち、新聞社が掲げている思想に寄った記述や報道内容でも良いという事でした。いやービックリです。でも考えてみれば印象操作まで発展したのは戦後GHQ指示だったとも聞きます。新聞は大衆を操作するための一つの手段だったのでしょう。...

マスメディアがおかしい。

僕がマスメディアの報道がおかしいと感じたのは2011年3月11日です。
東北地方太平洋沖地震からの原子力発電所のメルトダウン。
その後の政府のコメント、対応、全てが疑問でした。
僕は仕事上で放射性物質の特性を利用しています。
なので、いかに政府が出した対応が不自然で違和感のあるモノか気付けました。

そこから一気にマスメディアに不信を抱き、マスメディアについて調べました。
新聞、テレビ、芸能界、DHQ、3S政策、日中韓、沖縄・・・
日本という国の生い立ちなど調べれば様々な点と点が結ばれクリアになっていきました。
本当に日本という国は素晴らしい国ですが、潜む闇もまた広く深いという事が分ってきました。
なぜ僕が日本が素晴らしいと思ったか、なぜ素晴らしい国と気付けたか、その点についてまた今度ブログで書こうと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です