キャンプ・車中泊

【アウトランダー】GNアウトランダーPHEVのルーフ最大積載重量は?DARCHEのオーニングを取付けたら総重量は何kgになるか?

三菱 アウトランダーPHEV GN0W

みなさん、アウトドアしてますか?
僕はもっぱら一人でアウトドアを楽しんでいます。
子供も大きくなってクラブ活動や勉学に忙しく相手にしてくれないです。
家族キャンプ行かなくなったので、ノルディスクのウトガルドのような大きなテントは処分して、アスガルド7.1のような小さなテントに変更しましたが、そもそもキャンプ行く人が僕一人だったら・・テント必要なくない?www

アウトドアしてたらグッツも増えて、どうしても車に積むための積載を気にしないとですよね。
僕も前車がデカかったので、アウトランダーPHEVに乗り換えてキャンプ道具が載せれない事件に遭遇しています。笑
アウトランダーPHEVを購入する前から分かってたことですけどね。

その解決策として、

  1. 大きなアイテムを小さなアイテムに変更する。
  2. 積載量を増やす。

①については小さいアイテムを新たに購入して、大きいアイテムを処分するしかなく、、、

②については容量を増やすのはやはりルーフボックスですよね。

【アウトランダー】GN0W用にinno Wedge Plus 864 ルーフボックスを装着した結果 アウトランダーPHEV 三菱アウトランダーPHEVってご存知でしょうか?災害にも強い発電機付き電気自動車です。昨年2022年6月...
画像転載禁止:三菱自動車HP抜粋

アウトランダーPHEVのルーフ最大積載重量を考えてみました。
三菱公式アクセサリーのベースキャリアを見てみます。
フラッシュレール付車両だと80kgまでOKとのこと。
これを基準に考えてみます。

【アウトランダー】inno製wedge plus 864をGN0Wに装着して半年過ごした結果、ルーフボックスはかなりおすすめです。アウトランダーPHEVってご存知でしょうか? 三菱自動車が誇るプラグインハイブリッド車です。 クロカンのパジェロ、ラリーのランエボのDNAを引き継いだSUVがアウトランダーですね。 プラグインハイブリッドなので災害時にも非常に強い全方向に色々強い車両です。...

INNO キャリアシステム

僕が使っているキャリアシステムはinno製です。
導入時、取り付け高さが一番低く取り付けできる商品だったので、この商品を選びました。
実は一番はじめに取り付けたのはXS400でしたが、オーニングを取り付けるに当たって不都合だったことからXS450に変更した経緯があります。笑
はじめっからXS450にしてたら余計な費用要らなかったのに。。。涙

エアロベースステー XS450

XS450の最大積載重量は75kgとなっています。
これにはフックとバーが含まれているようです。

画像転載禁止:inno HP引用


エアロバーXB115

これは2本必要ですね。


フックTR200

これは1セットです。
1箱買えば事足ります。


ウェッジ プラス 864 BRM864MBK

僕はこのルーフボックスを付けたくて、ローセッティングのキャリアシステムにしたかったんです。都会の駐車場は高さ2.1m制限が多く、この2.1mがクリアできる一番でかいボックスが欲しかったんです。
このウェッジプラス864の製品重量は約22kgでした。

  • ・製品重量:21.5kg
  • ・容量:360L
  • ・スキー積載セット数:6~8台
  • ・スノーボード積載枚数:4~6台
  • ・最大積載量:50kg
  • ・開き方:両開き

DARCHE 180 FREE STANDING AWNING

4月の頭にオーダーした納期1.5ヶ月のオーニングが入荷されたらしく、近々これを取り付けるんですが、そのオーニングの重量が21kgとなっています。
ウェッジプラス864ルーフボックスと同じぐらいの重量なんですね。

Screenshot

現時点でのルーフの重量

ルーフ最大積載重量:80kg
キャリアシステム(5kg)載せたら:残容量75kg
ルーフボックス(22kg)載せたら:残容量53kg
オーニング(19kg)載せたら:残容量32kg

実質ルーフボックスの中に収納できる物は32kgまでということになりますね。

今、ルーフボックスに入れてるもの

僕が出かける時にルーフボックスに入れるアイテムを書き出しました。

上記はレジャーで出かける時に大体入れてる物になります。約20kg程度ですね。
ルーフボックスに入れるものは嵩張るけど軽いモノにした方がいいですね。

まとめ

ルーフ最大積載重量80kgとして、
キャリア、ルーフボックス、オーニングの合計重要は46kgでした。
ルーフボックスの中身は20kgでした。
よって、他に載せれる余裕は10kg〜15kgといった感じでしょうか。
結構ギリギリでしたね。
冬場はルーフボックスにスパルコの布製スノーチェーンを積んだり、毛布積んだり、長靴を積んだりします。
ルーフボックス内部の積載空間は空いてても、ルーフ積載重量がギリギリになりますね。
ブレーキなどの動荷重、風の抵抗も考えると高速道路の120km区間も速度域を考えて走った方がいいですね。
安全運転心がけます。

実は懸念事項としてもう一つ心配していることがあります。
これはダーチのオーニングシステムはinnoなどのエアロキャリアシステムと相性が悪いということです。ダーチが考えているボルトオンで取り付けるという取り付け方法がそもそもできないっぽい。
さて、どうなることやら。。。。

ちなみに、キャリアシステムはセットで買った方がちょっとだけお得です。↓


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です